RaspberryPiでGW-USNano2を使えるようにした

pinano2_01.JPG

RaspberryPiを買ってからやってみたかった事の1つに、いつでもどこでも動かせるようにしたいというのがありました。
とりあえず電源は外部バッテリーで何とか なるのですが、無線LAN化が唯一の問題でした。

単独で使うには無線LAN化が必要不可欠なのですが、Linuxでは使えるのと使えないのがあったりとなかなか難しいそうです。

ちょうどいつぞやの正月に500円で買ったプラネックスのGW-USNano2がシステムからは「GW-USNano2 802.11n Wireless Adapter [Realtek RTL8188CUS]」という風に見えるそうなので
動くんじゃねーかと思い、試行錯誤とか調査もいろいろしながら無事に動作するようになりました。

ドライバーだのコンソールだのをそこまで操作する必要も無く、基本的にはスクリプト1つ動かすだけで導入できるので意外とお手軽でした。 

Continue reading