OSX 10.8 「MountainLion」をやっとインストールできた話

yamalion_01.png

やっとか!という事でMontainLionを入れました。

1700円ぐらいなので払ってもよかったのですが、せっかく「Up-to-date」の権利があったので使ってみる事にしたのですが・・・

という話とかちょっと触った話は続きから。


申し込み

ここから申し込みページに行くとまず購入先情報を聞かれるので入力します。
直営店以外の普通のお店で買った場合はこんな感じです。

 yamalion_02.PNG

販売店は、英語にした場合の頭文字を入れると候補が出てきます。

後は個人の情報とか本体シリアルウィザードに従って入力していきます。
全部終わるとこんな画面に。

yamalion_03.PNG 

少し待つと、2通のメールが届くのでその中身に従うとコードが貰えるので、それをMacAppStoreで入力するだけなのですが・・・

yamalion_04.PNG

運が悪い事にこれに引っかかってしまったんですね〜
「OS X Mountain Lion Up-to-Dateプログラム」で不具合–一部コードが利用できず – CNET Japan

フォロワーの周りにも多かったので明らかに狙い撃ちされてる感じがありましたが気にしない方向で。

当日11時に「もう一回コードよこせやコラ!」というメールを送って、もう一度送られてきたのが今日の朝7時・・・(´・ω・`)○すぞ
と思いながら再インストールしました。

yamalion_05.png

ダウンロードは20分ぐらい、インストールも同じぐらいで終わりました。さすがSSD。

とりあえず使えるように

といっても設定は引き継がれていますし、最近入れ直したばかりだったのでアップグレードしたままにしておくので特に変更せずとも使えています。
唯一セキュリティの「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を速攻で「すべてのアプリケーションを許可」にしたぐらいです。

yamalion_06.png

あと気になっていたのは、SSD化したMacBookProでもPowerNapが使えるのか?という所でしたが。

yamalion_07.png

見事にありませんね!それ用のアップデートがAirとProRetina向けにのみ出るというのを見かけたのでそんな気はしていましたが・・・。

とかいいながら実はシャットダウン派なので関係なかったりします。

おわり

yamalion_08.png

使った感じはどうなんだという肝心な話がまだでした。
Lionと大きくは変わっていませんし、むしろサクサク動くようになった気がします。

アプリケーションも、今のところ変な動きをするものもなく、MarsEditも無事に動くのでこうやって記事も書けるもんです。

新機能の中では今のところメモが便利です。
常に 1つ出しておけば、Macとデバイスで常に同期されるので思いついた事を書き残しておいたり、買い物メモなんかを残して参照できたりと一番使えるのではないかと思います。

コメントを残す