テザリングの方法でどれだけ速度が違うのかちょっと調べてみた(※)

iPhoneでテザリングをしようとすると、USBとWi-FiとかBluetoothなんて選べますが大体めんどくさくてWi-Fiで繋ぎます。
とはいえそれぞれメリットデメリットもあったりするので使い分けていけばバッテリーを持たせる事もできる、ような気がします。

しかし、肝心な速度が出なければなんともならないので、それぞれでどれくらい差が出るのか調べてみました。
ただし3Gで。 


その前に

簡単にまとめておきます。

USB

  • 大昔前のパソコンとかでなければ速度はよく出る(480MB/sとか)
  • 充電しながらできる
  • WindowsかMacのみ
  • ケーブルが必要

Bluetooth

  • ペアリングするだけなのでとんでもなく楽
  • とんでもなく省電力
  • ちょっと遅い?(1Mbps〜24Mbps)
  • デバイスがDUNに対応してる必要がある

Wi-Fi

  • パスフレーズを入れるだけ
  • 自動接続
  • バッテリー大量消費
  • 速度はデバイスによりけり(11Mbps〜300Mbpsぐらい)
  • あらゆるデバイスから接続できる

というメリットデメリットがあります。

結果

単独で計るとこんな感じです。それなり。

te_sp01.png 

今回はこのサイトを使って計測しました。
BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定

自宅無線LANはこんな感じで。

スクリーンショット 2012 09 27 21 28 37

USB

te_sp03.png

Bluetooth

te_sp04.png

Wi-Fi

te_sp05.png

Wi-FiとUSBはほぼ一緒ですが、Bluetoothにすると1/3ぐらいになりました。
(個人差があります) 
何度やっても同じ結果で不具合という訳でもなさそうなので、Bluetoothの速度がネックになってる可能性があります。 

という訳で

3G環境下という非常に厳しい環境でしたが、USB=Wi-Fi>>Bluetoothという結果になりました。
Bluetoothは速度が遅いですが省電力というメリットもあったりするので、iPadから繋ぐ時なんかはBluetoothでもいいかもしれません。

LTE環境下だともっとはっきり違いが出るかもしれませんがそのうち・・・。 

コメントを残す