Kindleを買っていました

kindle_01.jpg

電子書籍ブーム・・・にはなっていませんが、以前から手に入れておきたかった「Kindle Paperwhite」をようやっと入手しました。
といっても一週間半前の話ですが。

やっぱりこういったものは使ってみないと良さも悪さも分からない訳で。
実際に使ってみて、思った以上の部分も思った通りの部分も思ってもいなかった部分もあったので、その辺の簡単なレポートです。 


とりあえず開封して起動

中身はこれだけ。充電器はありません。

kindle_02.jpg

とりあえず起動。ちょっと時間がかかります。

kindle_03.jpg

アカウントはひも付けられているという噂でしたが、何故かアカウントを入れろという画面に。

kindle_04.jpg

少しほっといたら、自動的に進みました。

kidle_05.jpg

良かった所

小さくて軽い

特筆すべき所ではありませんが、思っていた以上に小さくて軽いです。
片手で持っていても余裕なので、寝ながらでも電車で座りながらでも疲れる事無く読めます。 

また、カバンに入れていても気にならないので、持ち運びも用意です。
どんなカバンでも入ると思います。

充電の持ちは最強

あまり電池の持ちって信用していないのですが、Kindleに至っては今の所期待以上です。

買ってからまだ1回しか充電していないですし、それも何日か使ってからです。
それから少し経ちましたがまだまだ残っているので、8週間の寿命というのもあながち間違いではない気がします。

読みやすい

今の所小説しか読んでないのですが、文字が思っていた以上にきれいです。
映り込みも無いので、外でも中でも読みやすいです。 目も疲れにくいですし。

レスポンスが良い

懸念事項に、レスポンスが悪いのでは・・・というのがありましたが、そんな事は無かった。
ページ送りはもちろん、そのほかの動作も快適に動作してくれます。

意外とキーボードを使う機会があるのですが、少し早めに押しても漏れなく入力されるので驚きました。

今ひとつな所

残像がたまに残る

とはいえ気になるレベルではないのですが、たまに前の画面の残像が残る事はあります。
E-inkなので仕方ないとは思いますが。

ページ送りの時のリフレッシュが気になる

これもE-inkの仕様なので仕方ないのかなとは思いますが。
どんなんかと申しますと、ページ送りの時に一旦画面が白黒反転してから次のページに移ります。

待たされる訳では無いので気にならないような人が多数だと思いますが、気になる人は気になりそうです。

本がまだ高い

個人的には最大の障壁だと思うのですが・・・。
多少安くなっているとはいえ、まだ高いような気がします。

例えば、とある本は文庫より140円ほど安くなっていますがこれはまだ良い方で、値段が変わらない本も存在します。

じゃあ自炊をすればいいという話にもなりそうですが、初期投資もそれなりにかかるのでそう簡単にはできません。
セール品を狙って買うという手もありますが。むしろ新しい本に出会えそうなのでそれが良さそうです。

せめて文庫本の7割ぐらいになってくれれば嬉しいのですが。

1-Clickでつい買っちゃう

サンプルを読もうとして、間違えて1-Clickで購入してしまうという例が自分にも回りにも存在しています。
どんどん読み進めたと思ったら実はサンプルじゃなかったという。
(誤解の無いように言っておくと、間違った場合はキャンセルできます。)

そういう本が意外と面白かったりするので侮れません。

おわり

久しぶりの長文疲れました。そこまで長くはないですけど。

良い点悪い点ありましたが、とんでもなく良いデバイスなのには変わり無いです。
本の虫の方にも、良い機会なのでビブリオマニアになりたい方にもオススメです。

(特に寝る前の)読書が捗りますよ?

コメントを残す