いつの間にか注文していた「cheero Power Plus DANBOARD version」が届いていました

dbb_01.jpg

毎月いろいろ買っていますが、今月はちょっと話題の商品です。

外部バッテリーは懐かしの「KBC-L2AS」を今でも使っています。iPhone3Gを使っていた時に買ったので、大分長持ちしています。
5000mAhあるので、 普段使いとしては十分です。

とはいえ、長旅なんかしていると5000mAhで不十分。
大容量なのが欲しいなーと思っていると、cheero Power Plusのダンボーバージョンが出るそうじゃありませんか・・・。

瞬殺だった初回ロットを逃し、7月頭の再販時に注文した物がようやく届いたのでそのご紹介です。 

dbb_02.jpg

肝心な中身は、本体・microUSBケーブル・取説とそして・・・

 

dbb_03.jpg

なんとポーチ!しかも麻ですよ麻。
デザインもかわいいです。

dbb_04.jpg

入出力は、充電用microUSB端子x1と、出力用USB端子x2(1A、2.1A)です。
タブレットなんかだと大容量の出力を必要とする事が多いので、その場合は2.1Aと書いてある方に接続します。

dbb_05.jpg

正面には電源ボタン。押すと給電を開始します。
また、押すと5つのインジゲーターで電池残量も確認できます。色も本体もばっちり合っています。

ちなみに、電源オフは自動です。使い方がシンプルなのは嬉しい所です。

dbb_06.jpg

裏面のデザインも良い感じです。

サイズと重さを比較

長旅に持ち出すのであれば、大きさや重さを把握しておきたい所です。
KBC-L2ASとどれくらい違うのか?を比べてみました。

dbb_07.jpg

縦横は大体2倍ぐらいでしょうか。仕方ない所ではあります。

dbb_08.jpg

厚さは同じぐらいです。 

重さは、公称値だと

  • KBC-L2AS / 130g
  • Power Plus / 258g

・・・と、大体倍ぐらいです。

130gの差なんて大して事無いと思っていましたが、実際に両方持ってみると全然違います。
しかし、持ち運びできないというぐらいではありません。

おわり 

モバイルバッテリーというと、デザインにこだわっているものは容量に不満があり、大容量なものはデザインが微妙なものがほとんどでした。
ターゲットの違いもあるとは思いますが。

しかし、この 「cheero Power Plus DANBOARD version」はデザイン○・性能○という完璧に近い商品に仕上がってます。
そして、価格も¥3,750とコストパフォーマンスも最高です。 

モバイルバッテリーを買いたい/買い足したいという全ての人におすすめできる商品だと思います。
(この記事を書いた時点だと、売り切れているのが難点ですが)

コメントを残す