Xbox360のコントローラーを掃除した

controller1.jpg
(掃除前、以外ときたない)

楽しいゴールデンウィークも終わりましたがいかがお過ごしでしょうか?

日付が変わるくらいに急に掃除をしようと思い立ったので、洗える部分は洗ったりしてみました。

以下、はがしてはいけないシールを取ったり本体をばらしたりするので自己責任でお願いします。

分解の方法がわかりにくい時は他のサイトもご覧下さい。

必要なもの
・T-8のトルクスドライバー
・+の精密ドライバー
controller2.jpg

裏返して、バッテリーを外し、6箇所のねじ穴からトルクスドライバーを使ってねじを取ります。
controller3.jpg

この状態ではまだ開けられません。なぜなら・・・
controller4.jpg
このシールの下にもう1つ隠れているからです。
(はがした跡があるのは、十字キーの改造をしたため)
controller5.jpg
ここも取ります。

バネのあたりを引っ張るようにしたりして、裏のふたを取ります。
controller6.jpg

下の灰色の部分を上に持ち上げるようにして、取り出します。
ついでに基盤も上がります。
controller7.jpg

基盤と、線で繋がれた謎の金属部分を取ります。
controller8.jpg

LBRBの部分とゴムの部分を取ります。
controller9.jpg

ABXYボタン、START・BACKボタン、しいたけボタンを取ります。
(反対にすると落ちてきたり、押すと簡単に取れます)

問題の十時キーですが、ねじと留め具で止められています。
controller10.jpg
右上と左下のねじを取り、左上と右下の出っ張りを内側に押すと外れます。

これで全部終わりました。
controller11.jpg

洗う物
controller12.jpg

洗わないもの(洗えない?)
controller13.jpg

洗い方はそれぞれだと思いますが、中性洗剤に浸してごしごしこすったりしました。
穴の部分は綿棒を使うといいかもしれません。

洗ったあとはよく拭き、心配なら少し置いて乾かしたりして、逆の手順で組み立てます。
間違った方向には入らないようになっているようです。

最後に通電してボタンが正常に動くか確認したら完了です。お疲れ様でした。

コメントを残す