マイクから音を拾って自動で音量を調節してくれるiPhoneアプリ「Automatic Sound Levelizer」が凄かった

ある日暇なのでAppStoreでランキングを見てると、Automatic Sound Levelizerなる物が真ん中あたりにありました。
説明を読んでみるとマイクから音を拾って自動で音量を調節してくれるという。
丁度マイク付きイヤホン(ATH-CK400i)を使ってたので、試してみました。

こんな画面です。


このVolumeBoosterというのが右に増えるほど、音量がプラスされます。

右上から再生したい曲を選んで再生すれば、勝手に調節してくれます。
iPodともリンクしているようなので、再生中に起動すればその曲から補正をかけてくれます。
左舌の歯車から、音量調節のオンオフが切り替えられます。

たったこれだけ。簡単でしょう?

せっかく試すなら効果が出やすい環境がいいので、電車の中で試しました。

駅に停車している状態。
周りも静かなので、ブーストがかかっていません。


走行中で、アナウンスが入った状態。
右の赤い部分まで到達しているので、それなりに上がっていますがうるさくは感じません。
トンネルの中だと、右端まで到達する事がありました。


アプリを起動したままロックした状態。
マイクを使用しているので上に名前が出ています。
さらに、リアルタイムで音量をいじっているので、音量が出っぱなしです。


ノイズキャンセリングな物を買わなくても十分効果を得られますが、出たばかりなため使いづらい所もまだまだあります。

・他のアプリに切り替えたりホーム画面に戻ると補正がかからなくなる
仕様なのかは分かりませんが、これが地味に使いにくくしています。
自分でいじればいいだけの話なのでしょうが、せっかくなので常に有効になればいいなーと思います。

・ロックするとたまに補正しなくなる
バグ?っぽい感じです。
とはいえあまり気にはなりません。

・補正がかかった状態で終了させると、補正後の音量で固定される事がある。
地味にびっくりします。
こちらもバグのような感じ。

3点挙げましたが、どれも動作に支障が出るものではありません。
使い続けて強制的に落ちる事もなく、安定しています。

また、マイク付きではない場合も本体のマイクから取得するようなので、ほぼ誰でも使えるようなアプリではないでしょうか。
(その場合はカバンから出しておく必要があるようです。)

iPhoneで音楽を聴くのに必須なアプリになりそうな予感がします。
お試しあれ。

コメントを残す