プリンストンのタッチペン「PIP-TP2」がiPadのお供に最適な件

iPhoneの時はそれほどでも無かったのですが、iPadを買ってから図やメモを手書きする事が多くなりました。
指では大ざっぱになってしまったりして、後から見ると意外と見にくいなーと思う時があります。

こういう時はペン(スタイラス)の出番なのですが、アドエスさえ指で操作していましたので、何とかなるだろうと思っていました。

流石にそれも限界近くまできたので、使ってる人多いしそろそろ買おうかしらと思っていたら、Amazonから「PIP-TP2」を勧められましたので、早速購入しました。

写真


当然ですが、iOSには全て対応。


ペン本体


結構シンプルです。
クリップが付いてるので、持ち運びには便利そうです。

先端の部分はゴムになっていて、画面に押し付けると少しつぶれます。
そのまま動かすようです。

指との比較

BambooPaperで書いてみました。内容に特に意味はありません。
何だかあまり変わらないような気がしますがこんな感じです。


あまりセンスが無いのはさておき、確かに指よりは正確に書けているような気がします。(ただし個人差)
ペンのサイズも大きすぎず小さすぎずなので、持ちやすいです。

まとめ

何だかんだで高い買い物ではありませんでした。(1000円しませんでした)
手描きの他にもキーボード入力やスクロールなどもこれで使えるので、使える場面は多そうです。
特に慎重な操作が必要な場面では、指よりも正確にタッチできるため、十分利用できると思います。

ちなみにクリップ部分は金属ななので、iPad2の右端にくっ付きます。すぐ落ちますが・・・。

BambooStylusが買えるようになるまでの繋ぎにいかがでしょうか。

コメントを残す