「Snapseed」はiOS向け画像編集ソフトでは最高峰だと思う

2011081701.jpeg

前回、Snapseedの事を後回しにしていましたが、素晴らしいので改めて紹介します。

ひと通りの編集やエフェクトをかけられて、Flickrやfacebookへのアップロードもできるというよくありそうなソフトですが、
他とは違った操作性はもちろん、ある1つの機能にも惚れ込みました。

そういう訳で、その機能にフォーカスを当ててご紹介。

その前に簡単に使い方

2011080702.png

これがメイン画面。
左上から写真を読み込んで、エフェクトや編集したい項目を選びます。

2011081703.jpg

編集画面では左右にスワイプでエフェクトや値を調整して・・・

2011081704.jpg

上下で調整する項目を変更します。

2011081705.jpg

一部エフェクトや項目では、ピンチイン/ピンチアウトで範囲を調節します。

SelectiveAdjustが一番の目玉機能だと思う

白黒にしたりドラマチックにしたり枠付けたり・・・なんてのは他でもできますので見事にスルーします。

ここでご紹介するのが、最初に書いた惚れ込んだ機能「SelectiveAdjust」です。

2011081706.jpg.jpeg

何がすごいかはやってみると分かります。

今回使った画像

picture.jpeg

ご自由にお使いください。

使ってみる

2011081707.png

編集画面。「Add」と「Hide」が増えています。
「Add a control point」と出てるので、Addを押してどこかタップします。
指を離さずドラッグすれば、微調整もできます。

試しに空の青い部分に置きます。
すると、「B」と書いてある丸ボタンが出てきます。

そのままピンチアウトすると・・・。

写真 11 08 16 22 10 24

同じような色の部分が赤くなりました。

これは何を示すかといいますと、この赤くなった部分だけ画像の調整がかかるという事です。

百聞は一見にしかず、試しにこの状態で左にスワイプしてBrightnessを-100にします。

写真 11 08 16 22 11 31

空だけが暗くなりました!雲や木々は全く変わっていません。

木を調整する場合は、addを選び、木の部分に置きます。
キャプチャできませんでしたが、ドラッグすると中心の色がズームの周りに表示されるので、参考に。

写真 11 08 16 22 15 02

青くなっているのが現在調整中の部分で、他のを調整したい時は丸部分をタップして青色に変えます。
青の時にもう一度タップしてDeleteを選ぶと、消せます。

左下のCompareで編集前と比較ができ、Applyで編集確定、Backで破棄して戻ります。

まとめ

ここまで高度な編集がiPad/iPhoneで、しかも450円でできるとは驚きです。
本当にiOS向けに最適化された編集アプリというのは無いのでは?と思います。

iPadに入れておく事で、出先から戻っている間にも編集できる上アップロードもできます。

これはもう女房を質に・・・とまではいきませんが、写真が好きな方は入れておいて損はないアプリです。

Snapseed 1.2(¥450)App
カテゴリ: 写真, ライフスタイル
販売元: Nik Software, Inc. – Nik Software, Inc.(サイズ: 15.7 MB)

One thought on “「Snapseed」はiOS向け画像編集ソフトでは最高峰だと思う

  1. Pingback: 僕が考える最強の写真加工アプリSnapseed 【Instagram】【いいね!】 | ちらかりベクトル

コメントを残す