iCloudをMac/PCで使う

いよいよiOS5のダウンロードが始まりましたが、多くの人が大騒ぎしてるようです・・・(´ω`)
iPhoneとiPadにはGM版を入れてるので、(多分同じだと思うので)しばらくはこのままでいようと思います。

それはさておき、「iCloud」のサービスも一緒に始まってます。
超目玉機能(音楽がなんちゃら)が使えないのは予想できたのでいいとして、他も便利だと思うんですけどいかがでしょうか。me.comのアドレスももらえますよ。

で、今回はそんなiCloudをMacやWindowsにもアカウントを設定して、更に満喫しましょうというお話です。


必要なもの

  • Macなら、OS X Lion 10.7.2。OSレベルで組み込まれています。
  • Windowsなら、「iCloudコントロールパネル」とVistaSP2 or 7が必要。一部機能には、加えてOutlook2007以降も必要。

Macで

まずはアップデートを済ませましょう。Lionじゃない人は買ってください。

起動時に設定画面は出てきますが、間違えて消してしまった人は、環境設定の中にあります。

MobileMe消せばいいのに。

icloud01.png

AppleIDとパスワードを入れます。
もしiCloudがアカウントに設定されてない場合は、ここで設定できるようです。
icloud02.png

今回使用したme.comのアカウントは、以前MobileMeを使っていましたが、更新せずそのままにしていたアカウントです。
iCloudを使用する事で、メールアドレスも復活するようです。

同期するか、探せるようにするかの質問。お好みで。
icloud03.png

Macを探すを許可するかどうかを聞かれます。
icloud04q.png

連絡先をGoogleと同期させていたので、それが無効になりますという確認画面。
iPhoneだとできるのになーと思いつつOK。

icloud05.png

しばらく待つと完了します。
icloud06.png

カスタマイズをクリックするか、もう一回環境設定から開くと、この画面になります。
icloud07.png

いくつか無効になっていたり、フォトストリームはiPhotoにアップデートを当てないと使えないようです。

メールをチェックを入れると、Mail.appに自動でアカウントが設定されたりと、オンオフだけで勝手に設定もしてくれます。

icloud08.png

右下の管理をクリックすると、ストレージの管理ができます。 
例えばバックアップでは、デバイスでiCloudバックアップをオンにしておくと自動でバックアップされますが、デバイスごとに使っている容量と時間が見られます。 
icloud09.png

アプリケーションがiCloudに対応すれば、アプリケーションごとの使用容量も見られます。

余談ですが、GoodReaderでは、iCloudのデータがiPad版とiPhone版で共有されるようです。
icloud11.png

ストレージ購入で、容量が拡張できます。50GB/¥8,500/年が安いのかはまた微妙な所。
icloud10.png

こんなもんでした。

思っていた以上でもそれ以下でも無く、何となく安心しています。

Windowsで

インストールすると、コントロールパネルに配置されるので、起動させます。
アカウントの設定はできず、別途MacかiOS5からする必要があります。
icloudw01.jpg

特に確認もなく、設定画面に飛びます。
icloudw02.jpg

管理画面は一緒。
icloudw03.jpg

で、Windows版だけブックマーク同期をIEとSafariから選べたり・・・
(Safariは5.1.1にする必要がある)
icloudw04.jpg

フォトストリームのダウンロードとアップロードにフォルダを指定できます。ずるい。
icloudw06.jpg

Outlook持ってないのでわかりませんが、他はオンオフでアカウントの設定削除ができるもんだと思います。

まとめ

Mac版は細かいながらもどこでもMyMacやMacを探すといった独特の機能が使えたり、データ同期がすべて標準アプリでできます。
書類とデータだけ謎ですが、Mac版でも使えるようになるという事なのでしょうか。

Windows版はOutlookが無いと肝心な部分が使えませんが、ブックマーク同期はIE対応ですし、フォトストリームは別アプリ不要です。
Mac版は最新のiPhoto ’11かAperture3が無いと使えません。

どちらも一長一短ではありましたが、基本的にはデバイス間同期兼バックアップみたいなもんだと考えているので、これくらいでいいと思いました。

コメントを残す