iOS Developer Programで住所間違えると手続きが少し面倒くさい

表題の通りです。皆さんは間違えてないかな?

ある日、iTunesConnectを眺めてると、Contacts, Tax and Bankingの住所の番地が間違っているではありませんか。
DeveloperProgramのprofileも間違ってるし・・・。

色々と面倒な事になる前に、変更手続きをする事にしました。


まずは連絡

Webから修正できないので、Developer Program Supportに電話かメールで問い合わせする必要があります。
今回は色々と事情もあり、電話で。

余談ですが、携帯からでも大丈夫なフリーダイヤルでした。

名前とかメールアドレス言って登録を確認してもらい、手続きについてはメールしてもらう事に。

手順に従って手続き

10分しないうちにメールが来ました。

要約すると、「身分証のコピーをFAX送って、ローマ字表記の住所を返信してね」という中身。

メールに添付させるんじゃダメかと聞いたら、セキュリティが一番高いのがFAXだそうで。多分おっしゃるとおりです。
身分証は、変更後の住所が書いてある政府機関発行の身分証で、念のため聞いたら運転免許証でもいいそうです。

送信後に、住所と送信日時と送信元の番号を送って一応完了。

問題?

  • FAX送信先が+1から始まるアメリカ
  • コンビニからじゃ送信元分からないのでは?

という2つ。

国際FAXはローソンファミリーマートで送れるので、今回はローソンで。ついでにコピーも。
番号が分からない問題は、返信して問い合わせてみると、確認できない時に調べる用なので、分からなければ分からないでいいという返答。

送信

コンビニでまずコピーを。
出力A4にして、166%で拡大。(10円)

その場でEnrollmentIDとFollowup-Numberをコピー用紙に書きこんで、その紙をFAX。
読めない事を防ぐために、ファインで送信。(120円)

送信したらメールしてとりあえず終わり。

手続き完了

大体、土日挟んで4日で完了のメールが到着しました。
ただし、ContactsやTaxについては7〜14営業日かかるそうです。

・・・と思ったら既に変わってる所と変わってない所がありました。

 

これから登録する人は、必ず確認しながら進めましょう。

Best regards.

コメントを残す