「MiLi Power Spring 4」を試してみた

DSC_0035.JPG
(付けた感じ)
MiLi Power Spring 4」(2,000mAh)をひょんな機会に入手したので、早速試してみました。

・付けた感じ
大きくなりすぎず、薄さも良い感じです。
ただ、裏面が必要以上につるつるしているので、落としそうで少し怖いです。
(ストラップホールがあるので、首にぶら下げれば大丈夫かな・・・)

・バッテリー残量
右下のインジゲーターで確認可能。
〜20・20-50・50-70・70-100で、光ります。

・充電
左下にあるUSBポート(miniB)から充電。
iPhoneを接続中にPCと繋げば、同時に同期もできる優れものです。

・iPhone物理ボタンへのアクセス
厚さが増えているため、少し押ししにくくなっています。
片手での操作は、女の人の手だと少し厳しいかもしれません。

・脱着
上のページに書いてある通り、上部分を折り曲げてiPhoneを差して戻す方法。
1万回の耐久テストをしたそうですが、素材が少し異なるため、不安になります・・・。

・バッテリー供給時間
iPhoneを0%(充電してくださいの表示になる)まで使い、PowerSpring4は満充電。
基本的にはiPhoneには一切触らず、必要なときに操作。
(今回は、SMSとメール確認を数回しました。)
結果は4時間程給電し続け、96%になった所で終了。
1回分は使える事になりました。

他の充電器とは違い「iPhone4専用」なので使い回しができませんが、ケースと一体型であれば
余計な線をぶら下げずに使えるので結構便利ではないでしょうか。

とはいえ、他の充電器と比べると段違いに高い気が(2,000mAhモデルだと8,980円、アマゾンだと7,000円ぐらい)
したり、iPhone4でしか使えなかったりと用途も買う人も選びますが、iPhone4をしばらく使い続ける予定の人で
ケース一体型なバッテリーが欲しい人にはお勧めできる商品であります。

#次はAndroidかなー

コメントを残す