今度はMacをひかり電話ルーターの内線にする

前にiPhoneを内線にする術を書きました。

当然のようにMacにもSIPクライアントはいくつかあるので、設定をすれば動くはずです。
多少の設定変更は必要ですが。

電話の前にはいないけどパソコンの前にはいるという方はなんとなくお試し下さい。


準備

設定画面から、内線設定を済ませておいてください。
前回の記事にも少し書いてあります。

sip_mac_01.png

内線番号とユーザIDとパスワードを控えておきます。

設定

今回はTelephoneというアプリを使用します。無料です。

立ち上げるとSIP設定情報を聞かれるので・・・

sip_mac_02.png

名前を適当にしてDomainはルーターのアドレス、UserNameはID、後はパスワードをとりあえず入力します。

設定完了するとレジストに進みますが、設定が悪いのかConnecting…から進みませんので設定を変えます。

sip_mac_03.png

[Preferences]から[Accounts]へ進み設定したアカウントの[Advanced]タブに切り替え、SIPアドレスの部分を
「内線番号」@「ルータIPアドレス」と入力します。
(もしかして内線番号ではないかもしれませんが)

sip_mac_04.png

設定を閉じれば、Availableとなり発着信ができるようになります。

sip_mac_05.png

sip_mac_06.png

アドレスブックが同期されていればiPhoneの電話帳のデータを使って電話もかけられます。

おわり

一応発着信ができるのは確認してありますが、着信の場合は番号が分かりませんのであしからず。
ナンバーディスプレイ契約してれば出るんでしょうか・・・。

他のソフトでもそうですが、着信時にDeclineを押しても何故か家電で鳴り続けているので、これが切れれば一番なんですが。

One thought on “今度はMacをひかり電話ルーターの内線にする

  1. Pingback: 今度はMacをひかり電話ルーターの内線にする | DK-PRESSDK-PRESS

コメントを残す